Shohei Doi, Ph.D.

Shohei Doi, Ph.D.

Associate Professor
Graduate School of Public Policy, Hokkaido University

Education and Position

I am a associate professor at Graduate School of Public Policy and Graduate School of Law, Hokkaido University in Sapporo, Japan. I obtained my Ph.D. in International Relations from Kyoto University in 2019.

Research Interest
International Relations, Game Theory, and Data Analysis

I am interested in international relations, in particular, the interdependence among international economy, politics and security.

The research questions include why states build economic relations with their enemies, how states use the economic relations as a statecraft, and what the features and political consequences of globalization.

To understand such a complicated world, I primarily employ game theory and data analysis.

略歴
2020- 北海道大学
公共政策大学院・法学研究科
准教授
2019 京都大学大学院
法学研究科
博士号
研究関心
国際関係をゲーム理論やデータ分析によって理解する。

国際関係、特に国家間の経済関係と政治・安全保障関係がどのように絡まり合っているのか、に関心があります。

国家はなぜ敵対国とも経済交流をするのか、経済関係をどのように政治的目的に使うのか、グローバル化はどのような現象であり、どのような政治的影響をもたらしているか、といった問いに取り組んでいます。

このような複雑な現象を理解するために、ゲーム理論やデータ分析といった手法を用いています。

Reviewed Article
The power of corporate control in the global ownership network

Mizuno Takayuki, Shohei Doi and Shuhei Kurizaki

PLOS ONE, 2020, 15(8): e0237862

We uncover the power of shareholders, including governments, to control corporates in global ownership network.

Abstract

Estimation of Socioeconomic Attributes from Location Information

Shohei Doi, Takayuki Mizuno and Naoya Fujiwara

Journal of Computational Social Science, 2020

We predict personal socioeconomic attributes from only location information by supervised machine learning.

Abstract

Network Shapley-Shubik Power Index: Measuring Indirect Influence in Shareholding Networks

Takayuki Mizuno, Shohei Doi and Shuhei Kurizaki

Complex Networks and Their Applications, 2019, pp.611-619

We develop the measurement of the influence of shareholders and apply it to global ownership networks.

Abstract

Book Chapter
Analyzing International Developmental Loan Markets with Rival Lenders

Motoshi Suzuki, Keisuke Iida and Shohei Doi

In Motoshi Suzuki and Akira Okada (eds) Games of Conflict and Cooperation in Asia, 2017, pp.227-248

We theoretically and empirically show the competition between rival lenders allows a borrower to take a more flexible policy.

Abstract

Working Papers
Hope and skepticism of peer pressure for climate cooperation: Evidence from the analysis of heterogeneous policy diffusion

Azusa Uji, Shohei Doi and Motoshi Suzuki

Under review

We investigate how peer pressure works in the context of international climate policy.

Abstract

Professional Blog Post
How does the Japan and South Korea feud intensify, and is the U.S. able to help?

Shohei Doi and Atsushi Tago

PRIO Blog, August 19, 2019

翻訳
英語資料5点

土井翔平

中内政貴・高澤洋志・中村長史・大庭弘継=編「資料で読み解く『保護する責任』:関連文書の抄訳と解説」、2017年

特許
影響力評価システム

水野貴之、土井翔平

出願日:2019年6月27日(特願2019-119796)
講義

国際政治経済学入門(政治学入門3、政治学入門B)
東京外国語大学国際社会学部、2020年度
シラバス 講義ページ

国際政治の計量分析
一橋大学法学部/法学研究科/国際・公共政策大学院、2020年度
シラバス 講義ページ

国際政治経済学演習
早稲田大学政治経済学部、2019年度
シラバス

国際関係論
京都外国語専門学校、2018年度

ティーチング・アシスタント

政策分析の量的方法(基礎)
京都大学公共政策大学院、2018年度

方法論セミナー(経験)
早稲田大学大学院政治学研究科、2018, 2020年度

研究倫理・研究公正
京都大学国際高等教育院、2018年度

国際政治経済分析(演習)
京都大学法学部、2014, 2015年度

国際政治経済分析(講義)
京都大学法学部、2013, 2014年度

出張講義

政治学と数理分析
桃山学院高校/洛南高校、2018年度

政治学と数理分析
早稲田佐賀高校、2017年度

政治学とデータ分析
山手学院高校/静岡高校、2017年度

戦争と平和
須磨学園高校/函館ラサール高校、2017年度

ノート
ノート
ブログのような何かです。
Rで計量政治学入門
Rを用いた計量政治学の初歩的な方法について講義資料としてまとめています(以前、ノートとして公開していたものも含む)。
Ubuntuのセットアップ
Ubuntuのインストールから、各種ソフトウェア等のセットアップの備忘録です。
スライド
Instrumental Variable Estimation
操作変数法とその政治学における応用に関するスライドです。
国際関係論におけるデータ分析
国際関係論における統計的因果推論と機械学習に関するいくつかの研究を紹介しています。
ツール
wareki2seireki
和暦から西暦に変換するRの関数です。
line2df
LINEのテキストファイルをデータフレームに変換するRの関数です。
lonlat2name
緯度経度から市区町村や都道府県を求めるRの関数です。